大政奉還150年記念「幕末維新と大政奉還」 / 課外講座のご案内

課外講座のご案内

課外研修A 8,000円(税込) 
課外研修B 7,500円(税込) 
課外研修C 8,000円(税込) 

※課外研修Aは、JTB西日本が実施・企画する募集型企画旅行になります。別途、パンフレット及び旅行条件書をお受け取り下さい。
※旅行代金に含まれるもの/受講料、食事代(課外Cのみ)、行程内の交通費(課外A・Bのみ)
会場:京都市内(比叡山延暦寺会館は大津市内になります)

課外研修A 非公開文化財特別公開見学バスコース
課外研修B 京の歴史探訪ウォーキングコース
課外研修C 京の伝統文化「京のおもてなし」コース(講義+体験)(12:30~15:30)
課外研修C 課外Cとして比叡山延暦寺修行体験コースが(3/15~16)設定されました。詳しくは、第5日目~をご確認ください。

第2日目 / 3月12日(日)

課外研修A新選組ゆかりの地を訪ねて

【行 程】 13:30発 平安女学院大学(貸切バス)
13:45~15:15 壬生寺周辺(八木邸⇒壬生寺⇒旧前川邸⇒光縁寺 ※⇒徒歩)(貸切バス)
15:45~16:15 西本願寺(貸切バス)
16:30~16:45 三条木屋町付近(池田屋跡、三条大橋)(貸切バス)
17:00頃 平安女学院大学 ※希望者は三条木屋町で離団可能

【講義のポイント】 文久3年(1863)に新選組は組織される。京都における初期活動の拠点となったのが、壬生寺を含む周辺地域であった。江戸から上京した近藤勇らの宿舎とされた八木邸、新選組の屯所となった旧前川邸、隊士の墓が現存する光縁寺などを巡り、実地に歩くことで彼らの初期段階での活動範囲や距離感覚を体感する。そして、慶応元年(1865)に新選組は屯所を西本願寺へ移し、屯所機能の拡大をはかった。これら屯所が置かれた地域の比較を行うことで、新選組の活動がいかに推移したのかを現地から垣間見たい。

課外研修B京町家で学ぶ幕末講座 古地図から幕末の京都へタイムトリップ<座学>

【行 程】 京町家で学ぶ 「 幕末の京都・古地図めぐり 」 講座

【講義のポイント】 京町家の歴史ある空間において、幕末の時代の古地図をスライドで大きく拡大して映写しながら、現在と幕末の京都を比較する講座です。現在の京都御苑一帯はかつての公家町であり、古地図でかつての御所周辺を見ると、現在、御苑に点在する石碑の位置関係がより深く理解できます。京都御所周辺のみならず、東山界隈、木屋町開催、伏見界隈など、古地図から幕末の京都を紐解き、らくたびが担当する幕末ゆかりの地を巡りながら歴史を学ぶウォーキング現地講座をさらに深める講座に位置づけて開催します。

課外研修C京の伝統文化「京のおもてなし」(1)<座学+体験>

【行 程】 昼食:国登録有形文化財である有栖館にてご昼食(弁当) 12:30~
講義:13:30~14:30 華道池坊「花を活かしたおもてなし(予定)」
活け花体験:14:30~15:30 (平安女学院大学教室へ移動)

【講義のポイント】 国登録有形文化財「有栖館」にて、京都の伝統文化の本格体験を学んでみませんか。いけばなの根源、華道家元池坊より講義「花を活かすおもてなし」活け花による「おもてなし」講習会を実施します。その後、大学別教室へ移動し、活け花体験をいただきます。

第3日目 / 3月13日(月)

課外研修A京都守護職の熱い想い

テーマ:京都守護職
講 師:杉本弘幸(佛教大学、立命館大学他 講師)

【行 程】 13:30発 平安女学院大学 (徒歩)
13:40~13:55 京都府庁内・守護職屋敷跡 (貸切バス)
14:10~15:10 金戒光明寺(会津藩邸跡、墓地)(貸切バス)
15:20~15:50 無鄰菴(貸切バス)
16:20~17:30 伏見奉行所跡、寺田屋(貸切バス)
18:00頃 平安女学院大学

【講義のポイント】 京都守護職会津藩の足取りをたどる。まず、京都守護職が拠点とした、守護職屋敷跡(京都府庁)、金戒光明寺を訪れる。金戒光明寺では、当時の会津藩士たちの墓地もみていく。山縣有朋の別荘となる無鄰菴にも訪れる。その後、鳥羽・伏見の戦いが行われた当時の伏見奉行所跡や浪士達の拠点となった寺田屋などを訪れ、会津藩の足跡を歩きながら、その活動の背景や現地での動きを体感する。こうして、京都守護職会津藩をめぐる政局や行動をひもといていく。

課外研修B東山ウォーク/坂本龍馬が眠る東山・霊山界隈へ

【行 程】 13:30出発 平安女学院大学キャンパス
13:50 京阪・丸太町駅(私鉄)
14:00 京阪・祇園四条駅
14:20~14:30 八坂神社
14:30~14:40 円山公園( 坂本龍馬像・中岡慎太郎像 )
14:50 月真院( 高台寺党・御陵衛士屯所跡 )
15:00 翠紅館跡・石碑
15:10~16:00 京都霊山護国神社( 幕末志士墓 )
※歩く距離:約3.5km

【講義のポイント】 幕末の志士が眠る京都霊山護国神社を中心とする東山界隈を巡るウォーキング現地講座。京阪・祇園四条駅をスタートして、坂本龍馬の銅像が立つ円山公園、伊東甲子太郎が結成した御陵衛士屯所跡の月真院などを巡り、維新の道を上がって京都霊山護国神社へ。本殿を参拝した後、坂本龍馬、高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)など幕末ゆかりの志士が眠る墓地を参拝します。最後に霊山歴史館を訪ねて、新選組など幕末ゆかりの人物の足跡を学びます。

課外研修C京の伝統文化「京のおもてなし」(2)<座学+体験>

【行 程】 昼食:国登録有形文化財である有栖館にてご昼食(弁当) 12:30~
講義:13:30~14:30 柊家旅館西村 「”おもてなしの真髄”とは」
体験:もん香体験 14:30~15:30

【講義のポイント】 国登録有形文化財「有栖館」にて、京都の伝統文化の本格体験を学んでみませんか。柊家六代目女将・みやこ女将の会名誉会長である西村明美さんや、その他、京都を代表する老舗名旅館の女将(予定)による「京都のおもてなしの心の真髄」をご講義いただきます。その後、香道体験(山田松香木店・聞香体験)の講義も行います。香木の香りに心を傾け、室町時代から続く香道の世界に是非触れてください。

第4日目 / 3月14日(火)

課外研修A長州藩の足跡

【行 程】 13:30発 平安女学院大学 (貸切バス)
13:45~14:45 妙法院(貸切バス)
14:50~15:30 東福寺(長州兵の墓)(貸切バス)
15:40~16:30 泉湧寺(孝明天皇陵)(貸切バス)
16:45~17:15 鳩居堂<きゅうきょどう> (貸切バス)
17:30頃 平安女学院大学

【講義のポイント】 最初に8月18日政変で長州へと落ちのびる公家たちが起点とした妙法院を訪れる。その後、東福寺において、長州藩兵の墓地をみていく。また、これらの動きの焦点となった孝明天皇の陵墓のある泉湧寺を訪れる。最後に禁門の変によって発生した大火とその後の復興過程について鳩居堂とその周辺を歩き、当時の長州藩の京都における足跡や政治情勢をみていく。これらの争乱が当時の京都の地域社会にどのような影響を及ぼしたかも現地をあるきつつ、考えていく。

課外研修B京都御所ウォーク/幕末の政争渦巻く京都御所界隈へ

【行 程】 13:30出発 平安女学院大学キャンパス
13:40 地下鉄・丸太町駅〜地下鉄・今出川駅
13:45 薩摩藩邸跡・石碑
13:50 冷泉家住宅( 外観のみ )
13:55 今出川御門
14:00~14:10 近衛邸跡
14:15 猿ヶ辻( 猿ヶ辻の変・石碑 )
14:20 中山邸跡・石碑( 明治天皇生誕地 )
14:25 橋本家跡・石碑( 和宮生誕地 )
14:30 学習院跡・石碑
14:35~14:45 梨木神社( 祭神:三条実万・三条実美 父子 )
14:50~15:00 清浄華院( 姉小路公知墓 )
15:05 有栖川宮邸跡・石碑
15:10~16:00 京都御所( 一般公開見学 )
16:10 蛤御門( 蛤御門の変・石碑 )
16:15 清水谷家の椋( 長州藩士・来島又兵衛 絶息地 )
16:20 西園寺邸跡・石碑
16:30 寺町御門
16:45 吉田屋跡・石碑( 長州藩士密会の料亭跡 )
17:00解散 京阪・神宮丸太町駅

【講義のポイント】 激動の幕末史の中心となった京都御所や、かつて公家町が広がっていた京都御苑を巡るウォーキング現地講座。一般公開されている京都御所では、各建物で執り行われた政治的な動きや事件を解説しながら見学します。また、かつての公家町は明治期に京都御苑として整備されたことから、御苑内に立つ石碑を巡りながら、蛤御門の変や、猿ヶ辻の変など、歴史を揺るがせた幕末の大事件を解説します。御苑の東に位置する清浄華院にも足を延ばして、姉小路公知の墓などを参拝します。

第5日目 / 3月15日(水)

課外研修A大政奉還の舞台とは

【行 程】 13:30発 平安女学院大学 (徒歩)
13:30~14:30 京都御所(貸切バス)
14:45~15:30 知恩院(貸切バス)
15:45~17:00 二条城(二の丸御殿)(貸切バス)
17:30頃 平安女学院大学

【講義のポイント】 天皇の住まいであり、朝廷儀式の場であった京都御所。徳川家光上洛以降、家茂上洛まで、長らく将軍が来ることもなかった二条城。徳川家の菩提所として、洛東に位置した知恩院。泰平の時代、政治とは殆んど無縁であったこれらの空間が、幕末から明治への時代にかけて、俄かに重要な場所となりました。座学内容と関連させながら、幕末史における大きな舞台となった、京都御所、二条城、知恩院などを体感します。

課外研修B木屋町ウォーク/幕末の志士が駆け抜けた木屋町界隈

【行 程】 13:30 出発平安女学院大学キャンパス
地下鉄・丸太町駅13:40=地下鉄・四条駅13:50
13:55 薩摩藩邸跡・石碑( 現・大丸百貨店 )
14:00~14:20 錦市場
14:20~14:30 錦天満宮
14:35 称名寺( 坂本龍馬が潜んだ近江屋からの脱出ルート )
14:40 近江屋跡( 坂本龍馬遭難の地・石碑 )
14:50 古高俊太郎邸跡・石碑
14:55 中岡慎太郎寓居之跡・石碑
15:00 土佐稲荷
15:05 土佐藩邸跡
15:10 本間精一郎遭難之地・石碑
15:05 先斗町
15:10 彦根藩邸跡
15:15~15:30 酢屋( 坂本龍馬寓居之跡・石碑 )
15:35 池田屋騒動・石碑
15:40 武市瑞山寓居之跡・石碑
15:45 吉村寅太郎寓居之跡・石碑
15:50 佐久間象山寓居之跡・石碑
15:55 長州藩邸跡
16:00  桂小五郎像
※歩く距離3.2km

【講義のポイント】 幕末、天誅と称して暗殺などが横行した木屋町界隈を巡るウォーキング現地講座。地下鉄・四条駅をスタートして、薩摩藩邸跡の石碑が立つ大丸百貨店から錦市場を歩いて、裏寺町通へ。坂本龍馬が潜んだ近江屋からの脱出ルートとされた称名寺の門前を歩き、河原町通に抜けると龍馬が絶命した近江屋跡の石碑へ。その後、高瀬川に沿う木屋町通を歩いて、幕末の志士が歴史に名を刻んだ事件やゆかりの地を歩きながら、ウォーキング現地講座ならではの、それぞれの石碑と石碑の距離感などを感じていただきます。

課外研修C世界文化遺産・比叡山延暦寺修行体験コース ~心の学び、比叡山への誘い~

テーマ:“心の学び”への誘い
旅行期間:3月15日~16日 1泊2日 / 延暦寺会館・泊(1名1室※・45,000円(税サ込))
講 師:大角実豊(延暦寺一山 嚴王院 住職・延暦寺 総本堂 根本中堂 輪番)

※このサイトからのお申込みは1名様参加〈1名1室利用・45,000円(税サ込)〉のみとなります。2名様以上のグループでお申し込みご希望の方は みやこ学び旅事務局(e-mail:miyakomanabi2017@west.jtb.jp )まで 必要事項(代表者名、ご住所、ご連絡先、ご性別、ご年齢、および  同行者名、同行者ご性別、同行者ご年齢)をご記入の上、メールにてお申込みください。誠に恐れ入りますがよろしくお願い申し上げます。

〈2名様以上のご参加でのご旅行代金〉
 4名1室 38,000円(税サ込)
 3名1室 39,000円(税サ込)
 2名1室 40,000円(税サ込)

【行 程】 〈1日目〉
13:40平安女学院大学・発 貸切バス
14:40 比叡山延暦寺会館・着
15:00 開会式 日程説明
16:00 坐禅指導(解説、実修)
17:30 非食(=夕食)
18:30 法話(比叡山について・ビデオ鑑賞含む)
20:00 開浴(=入浴)
22:00 放心(=就寝) ◎宿泊:延暦寺会館(1名1室※・45,000円(税サ込))

〈2日目〉
05:00 覚心(=起床)
05:30 坐禅止観(坐禅体験)
06:30 根本中堂朝事「朝のおつとめ」
07:30 小食(=朝食、朝がゆ)
09:00 写経体験(60~90分)
10:30 諸堂参拝(解説付)
11:00 法話(根本中堂輪番・予定)
12:00 昼食
13:00 閉会式
13:30 比叡山延暦寺会館・発
14:15 京阪出町柳駅・着

【講義のポイント】 天台宗総本山・比叡山延暦寺は、一千二百年の歴史と伝統が世界に高い評価をうけ、平成6年(1994)にユネスコ世界文化遺産に登録されました。京都と滋賀の県境にあり、日本一の琵琶湖を眼下に望み、西には古都京都の町並を一望できる壮大な景勝地です。京都の地、そして日本国を鎮め護る寺として桓武天皇から大きな期待をうけ、時代の年号「延暦」を寺号に賜り建立されました。創建者である最澄は、鎮護国家の為に、真の指導者である「菩薩僧(ぼさつそう)」を育成するため、比叡山に篭もって修学修行に専念する12年間の教育制度を確立しました。浄土念仏の法然上人、親鸞聖人、良忍上人、一遍上人、真盛上人、禅では臨済宗の栄西禅師、曹洞宗の道元禅師、法華経信仰の日蓮聖人など日本仏教各宗各派の祖師方を育み、比叡山は日本仏教の母山と仰がれています。モノや情報の中でつねに忙しく、不安を抱きながら暮らしている私たち。時にはそんな日常を離れ、短期間で行う本格的な修行体験コースで自分と向き合ってみませんか?

第6日目 / 3月16日(木)

課外研修A幕末志士と坂本龍馬

テーマ:幕末志士
講 師:髙田祐介(佛教大学歴史学部非常勤講師)

【行 程】 13:30発 平安女学院大学 (貸切バス)
13:45~14:45 島原・角屋 (貸切バス)
15:15~16:00 東山・霊山護国神社(徒歩)
16:00~16:40 霊山歴史館<自由見学>(貸切バス)
17:00頃 平安女学院大学

【講義のポイント】 幕末維新期に京都は政治的中央としての重要性を増し、多くの志士たちがここで活躍した。彼らの交流の場となった島原・角屋で志士らの活動の一端を感じ、また様々な政争の過程で没した多数の志士が葬られた東山・霊山で慰霊のあり方を考えたい。特に、東山・霊山は幕末維新を代表する志士である坂本龍馬の死に深く関わる場であり、これらを現地で見ることで、京都を翔けた彼の生涯を史跡から辿る。

課外研修B伏見ウォーク/幕末の京都最後の激戦地・伏見界隈へ

【行 程】 13:30 出発平安女学院大学キャンパス
地下鉄・丸太町駅=近鉄・桃山御陵前駅
14:30~14:50 御香宮神社( 鳥羽伏見の戦い・薩摩屯所 )
15:00 京料理 魚三楼( 格子に残る鳥羽伏見の戦いの弾痕 )
15:10 伏見奉行所跡・・・伏見の町並み
15:30~16:10 月桂冠・大倉記念館
16:20~16:50 寺田屋( 薩摩藩 / 坂本龍馬ゆかりの船宿 )
※歩く距離:2.5km 

【講義のポイント】 鳥羽伏見の戦いの激戦地でもあった伏見界隈を巡るウォーキング現地講座。近鉄・桃山御陵駅をスタートして、鳥羽伏見の戦いにおける薩摩藩を中心とする明治新政府軍が拠点とした御香宮神社と、新選組も加わった旧幕府軍が拠点とした伏見奉行所跡を巡り、京料理・魚三楼の門前の格子に刻まれた弾痕に戦いの激しさを感じてください。また、薩摩藩や坂本龍馬も常宿としていた寺田屋界隈では、龍馬が幕吏に襲われた際に逃げたとされる道などを辿るなど、まさに目の前に幕末の伏見の町並みを感じる散策です。